海外サッカーチケット正規購入ガイド:日本語で解説!語学の不安無しでオフィシャルチケットが買える。

これから海外サッカーを観戦したいと考える人に欧州3大ダービーを制覇した管理人が解説します。

久保建英の移籍がささやかれる、バルサBの観戦に行こう!

未来のスター候補、バルセロナ育成最後のラ・マシア バルサBの観戦に行こう!

FC東京へ復帰した久保建英選手ですが、今夏バルセロナへ復帰すると噂されていますが、まずはバルサBで経験を積むと言われています。

 

バルサBはラ・マシアの名で有名なバルセロナの育成組織の最終地点です。

 

さすがに世界の一流選手が集まるとあって、バルサBからトップチームへの昇格は困難を極めますが、それでも多くの選手が活躍しています。

 

エアトリGW特集

バルサBのホームスタジアム

バルサBの試合はトップチームのホームスタジアムであるカンプ・ノウの隣にあります。

 

ミニ・エスタディと呼ばれるこのスタジアムでは、現在セグンダB(3部リーグ)に所属するバルサBが試合を行っています。

 

15000人を収容する天然芝のサッカー専用スタジアムです。

 

バルサBのチケット購入方法

バルサBのチケットはトップチームと同じくバルセロナの公式サイトから購入できます。

 

チケット購入ページトップ

 

バルセロナ公式サイトからチケットを選択すると、英語のチケットサイトトップに飛びます。

 

このグランドナビゲーションからバルサB(黄色の四角で囲んだ部分)を選択します。

 

選択すると試合スケジュールが出てきますので、観戦したい試合の黄色いボックスで描かれたTICKETをクリックします。

 

チケット金額は7ユーロからあります。

 

サイドライン中央の席でも11ユーロからありますので、ぜひ良い席で観戦してください。

 

仮に久保選手が移籍した場合、サッカー専用スタジアムですので至近距離で応援することができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンピオンズリーグ準々決勝までに読む、レジェンドたちの声:クリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウドユベントス

クリスティアーノ・ロナウド 世界最高の選手 [ イアン・スプラッグ ]

 

 

【内容情報】(出版社より)
ポルトガルで生まれた少年が、世界有数のビッグクラブ、レアル・マドリードで活躍する今現在までを紹介する1冊!


また、ポルトガル代表としてのワールドカップやユーロでの活躍、さらには私生活などもばっちり紹介。


クリスティアーノ・ロナウドのことがこの1冊でわかる!

 

クリスティアーノ・ロナウドの「心と体をどう磨く?」[ ルイス・ミゲル・ペレイラ ] 

 

 

【内容情報】(出版社より)

「僕だって疲れることはあるけど、練習しないための言い訳を探したことなど一度もないし、これからもない」(C・ロナウド


ーー考えたことは実現させるーーロシアワールドカップでの活躍も期待される世界No.1プレーヤーから学ぶ、“超一流”の思考法、食事&肉体管理


5度のバロンドール受賞など、今もっとも輝けるサッカー選手は、どうやって肉体を鍛え、メンタルを強化し、プロフェッショナルを追求しているのか?母国ポルトガルのジャーナリストが「心と体の磨き方」の真相に迫る。

 

現役Jリーガーも称賛! 貧しくやせっぽちだった田舎の少年が世界有数のスーパーアスリートに変貌するにあたっての考え方、物事への取り組み方は、私たちにとっても大きな学びの機会となる!

 

クリスティアーノ・ロナウド 生きる神話、知られざる素顔 

 

世界的なスター、クリスティアーノ・ロナウドの完全決定本!

 

EURO2016優勝、レアル・マドリードでの世界一、5度目のバロンドール獲得。

 

まさに「フットボール界の生きる神話」であるクリスティアーノ・ロナウド

 

彼の人格、プレースタイルは、いかにして形成され、どうモチベーションを保っているのか。

 

15年以上かけて、本人、家族、恩師に取材を続けてきた著者があぶりだす、ロナウドのすべて。

 

 

UEFAネーションズリーグ準決勝・決勝・3位決定戦のチケット販売が再開!

ヨーロッパの新タイトル獲得はどこだ?

UEFAが創設した代表チームの新大会であるネーションズリーグ。

 

大会はベスト4まで来ています。

 

ポルトガルで開催される準決勝・決勝・3位決定戦について、チケット完売となっていたところ、最終のチケット販売が行われるとのアナウンスがありました。

 

初代王者を現地で目撃するためにはこれがラストチャンスだとだと思われます。

 

購入方法はいつものようにUEFAのチケットポータルからアカウントを作成して申し込みとなります。

 

この最終販売では抽選ではなく先着販売方式が採用されていますので観戦を考えている方はお早めに!

 

購入は以下のリンクから。

www.uefa.com

 

 

試合日程

準決勝

6月5日 ポルトガルースイス (ポルト

6月6日 オランダーイングランド(ギマラエス

 

3位決定戦 6月9日 ギマラエス

 

決勝 6月9日 ポルト

 

 

バスケットワールドカップ2019中国の対戦表とチケット販売について

日本はアメリカとの対戦が決定!

まさかの4連敗から逆転8連勝でワールドカップへの出場権を手にした日本代表(アカツキファイブ)。

 

ファジーカス、八村塁、渡邊雄太らの新戦力と既存戦力がマッチし、強敵イラン、カタールを敵地で連戦で下し念願のワールドカップ出場権を勝ち取りました。

 

そして先日ワールドカップグループリーグの組み合わせ抽選会が行われ、日本はドリームチームと呼ばれるアメリカと対戦することになりました。

 

 

組み合わせは次のとおりです。()内は開催都市です。

 

グループA(北京)
中国(30位)
ベネズエラ(20位)
ポーランド(25位)
コートジボワール(64位)

 

グループB(武漢
アルゼンチン(5位)
ロシア(10位)
韓国(32位)
ナイジェリア(33位)

 

グループC(広州)
スペイン(2位)
プエルトリコ(16位)
イラン(27位)
チュニジア(51位)

 

グループD(仏山
セルビア(4位)
イタリア(13位)
フィリピン(31位)
アンゴラ(39位)

 

グループE(上海)
アメリカ(1位)
トルコ(17位)
チェコ(24位)
日本(48位)

 

グループF(南京)
ギリシャ(8位)
ブラジル(12位)
モンテネグロ(28位)
ニュージーランド(38位)

 

グループG(深セン
フランス(3位)
ドミニカ共和国(18位)
ドイツ(22位)
ヨルダン(49位)

 

グループH(東莞)
リトアニア(6位)
オーストラリア(11位)
カナダ(23位)
セネガル(37位)

 

 

日本代表の試合日程

日本はグループEでアメリカ、トルコ、チェコと上海で対戦します。

9月1日(日)トルコ戦

同3日(火)チェコ

同5日(木)アメリカ戦

 

 

 

チケット販売について

チケットは都市を決めて同一都市内の試合を観戦できるチケット、チームを決めて同一チームの試合を観戦できるチケット、観戦日を決めて同一開催日の試合を観戦できるチケット、個々の試合のチケットに分かれます。

 

現在はチームパスの販売を行っています。

 

日本のチームパスの値段を紹介します。

 

グループリーグ3試合を観戦する場合、

 

カテゴリーA 1000元

カテゴリーB 800元

カテゴリーC 500元

 

となっています。

 

※3月23日の時点で日本のチームパスは選択が出来なくなっています。

 

3月18日から都市パスの販売が開始されました。

 

日本が試合をする上海の都市パスの場合、チケット価格は次のとおりとなっています。

 

カテゴリーA 6400元

カテゴリーB 4320元

カテゴリーC 2720元

カテゴリーD 1920元

 

※3月23日の時点で上海の都市パスは選択が出来なくなっています。

 

 

その他の情報や購入ガイドは随時更新します。

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパリーグ準々決勝組み合わせ決定

ヨーロッパリーグベスト8の対戦カードは?

 

3月15日、チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ抽選に続け、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の組み合わせ抽選会が行なわれました。

 

ベスト8へ勝ち上がった8チームそれぞれの対戦相手が決まり、また、準決勝のカードも決定しました。

 

対戦カードは次の通りです。

 

A ナポリvsアーセナル


B ビジャレアルvsバレンシア


C ベンフィカvsフランクフルト


D スラビア・プラハvsチェルシー

 

準決勝はAとBの勝者、CとDの勝者の組み合わせで行われます。

 

唯一の日本人である長谷部が所属するフランクフルトはポルトガルベンフィカと対戦。

 

守備で貢献する長谷部と攻撃力が自慢のベンフィカの戦いに注目が集まります。

 

準々決勝の第1レグは4月11日、第2レグ/4月18日に開催、準決勝の第1レグは5月2日、第2レグは5月9日に開催されます。

 

そして決勝は5月29日にアゼルバイジャンの首都バクーで開催されます。

 

決勝のチケットはまさに今抽選の申し込みを受け付け中です。

 

購入方法はこちらでどうぞ。

 

 

footballtravel.hatenadiary.jp